歯科矯正治療は海外では一般的な事です

歯科でレントゲンを撮影するときの影響

歯科矯正治療は海外では一般的な事です 病院に行って体の状況を調べるときにレントゲン写真を撮影することがあります。骨を骨折した時、捻挫や脱臼をした時などは骨の状況を見るために撮影することが多くなります。かなりくっきりと見ることができるのでしっかり折れている、くっついているなどを知ることができます。レントゲンといいますと通常はかなり大掛かりな部屋で撮影をし、レントゲン技師が行うものとなっています。少なからず体に影響をおよぼすものと言われています。

歯科での治療においてはレントゲンを当たり前のように撮影することがあります。歯並びの様子などはこれによってかなり分かります。歯は骨のようなものだからでしょう。体のレントゲンを撮影する分にはまだしも歯や顔の部分のレントゲン写真を撮影するのは少し抵抗があります。それなりに放射能を受けることになるのですが問題がないかです。子供の頃はあまり気にせず言われるがまま撮影されていましたが、大人になって気になりだしました。

レントゲンで使われる放射線については、日常生活で浴びている量よりも少ない量になるように調節されているようです。ですから気にする必要はありません。かといってどんどんレントゲン写真を撮影してもいいわけでもありません。